2016年12月17日 西台の熊手市

画像

◇板橋区西台で開催される2016年の西台大鷲(おおとり)神社熊手市は、12月17日土曜日です。日中に祭式が執り行われ、3時頃から熊手市が始まります。日が暮れるころから参拝客が出始め、夜8時頃がピークになります。西台大鷲神社は曹洞宗福寿山善長寺の境内の奥に佇んでいて、可愛らしい鳥居をくぐって参拝します。功泉湯のすぐ隣なので、煙突が目印になります。

◇130年以上前から続く熊手市は江戸最終の市といわれ、商売繁盛を願う人たちが界隈から多く集まります。面亀、横山、島村、芝善といった熊手商が所狭しと軒を並べて威勢の良い〆の三々七拍子が轟きます。ぐっと冷え込みそうな年の瀬ですが、来る年の縁起を願い出かけませんか。

◇雨天開催  

※開催日はいつなのか?? 西台の熊手市の開催日は毎年変わります。今年は12月17日ですが、昨年は12月10日、一昨年は12月16日でした。12月第X週のX曜日などと決まっていれば覚えやすいのですが、そうなっていません。ですので、主催者が発表するまでよくわからない人が多いのです。しかし、開催日の特定は意外と簡単です。熊手市は別名「酉の市」とも言われるとおり、十二支の「酉=とり」の日と大いに関連します。11月の1番目の酉の日から数えて4つ目の酉が開催日になるのです。手元に、十干十二支の記載のあるカレンダーの日付けをよく見ると、平成28年11月1つ目の酉は11日で「丁酉=ひのと とり」です。数えて4つ目が開催日なので12月17日が「癸酉=みずのと とり」にあたり開催日になります。


画像

画像

画像

画像

画像




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック