きものと節句人形をお祓い ご福まつり挙行

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


◆きものと節句人形をお祓いする「ご福まつり」は5月29日、西台天祖神社(東京都板橋区西台2丁目)であり、愛着ある品々に感謝を込め別れを告げる祭式が執り行われました。式日は毎年5月の最終日曜日、今回で28回目です。

◆参拝者は、拝殿に昇り厳かな祝詞奏上に頭を下げ、一人ひとりが玉串を捧げ、神職よりお札を授与されました。続いて、境内に設けられた斎場で御霊抜きの儀が行われ、安置されたきものと人形がお清めされ見守られるなか、無事神社に納められました。子どもの成長とともにすごした雛人形の穏やかで優しい表情や、五月人形の凛々しい姿をいつまでも愛でるように見つめる人、祖父母が着用した浴衣や正装着を大切そうに持参した人などそれぞれの思いを巡らせながら祭式は挙行されました。

◆きもの150点、人形300点余りが並び、カメラやタブレットを向けるようすも見られました。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


◆境内では、呈茶の席が設けられ本格的な抹茶とお福まんじゅうが振る舞われ、神社グッズ頒布、折り紙遊び、布ぞうり販売などにも参拝者は足を止めていました。祝詞を書き写す写典体験もあり、熊本地震救援募金箱も置かれました。

◆鎮守の杜は、初夏を思わせる日に照らされ薫風爽やかな好日となり、緩やかな時間が流れていました。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック