ニリンソウなのにサンリンソウ!?

画像

画像

画像

画像

画像

                       ↑ よく見ると、3本の茎が出ています

画像

画像


◆板橋区の花、ニリンソウが今春も可憐な白い花を咲かせました。都内最大規模の自生群生地として知られる、都立赤塚公園崖線は数百メートルに及び、日差しのかかる一面は白と緑が織りなす絨毯のように見えました。

◆見ごろは午前中です。夕方ちかくになると花が閉じ、下を向いてしまいます。花をよく見ると、3つの花のあるものを発見! ニリンソウなのに花3つ! 専門家に聞くと「稀に見られます」といいます。実はサンリンソウは別種にあり、花が少し小さくて葉柄があるとのこと。また、イチリンソウもあってこちらは花が大きいそうです。となると、今回のそれはニリンソウの変異と判断できます。

◆4月10日には、現地で観察会があり板橋区観光マスコット「リンリンちゃん」が訪れ、本物の花をガイドしていました。ちなみに、ニリンンソウは春の味覚として食すことできます。全体を茹でて和え物、おしたし、油炒め、花を集めて酢の物、葉を天ぷらにして味わうことも。自生地のニリンソウを勝手に採れませんので、自宅で栽培に挑戦してみましょうかねえ…




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック